『法面安定タイプ』の特長

 法面安定タイプは、造成厚さ20cmの長繊維混入補強土吹付により確実に
隠蔽可能な専用のアンカー受圧板を使用することから、アンカー工併用による
法面の安定化、崩壊防止と全面緑化が同時に図ることが可能となり、
周辺自然景観と一体化した法面景観を形成することができます。

 専用のアンカー受圧板は、ダグタイル鋳鉄による一体鋳造品に防錆加工した
軽量タイプであり、設置が容易なため、作業効率の向上を図ることができます。

 専用のアンカー受圧板は、設計アンカー力によりクロス(A・B・C・D・F・G・H・I)タイプ8種類、
セミスクエア(A・B・C・D)タイプ4種類、スクエアタイプ1種類、 スクエアミニタイプ(A・B・C)3種類の
10種類の中から現場条件に応じた経済的な選定が可能です。


■ダクタイルとは、『球状黒鉛』という材質をいいます。